一人暮らしのデメリット

一人暮らしが初めてならまずは一人暮らしの怖い部分やデメリットを知っておきましょう。
一人暮らしには危険やデメリットがたくさんあります。

まず一人暮らしのデメリットとして挙げられるのは、
◆生活費がかかる
という点です。
これは当たり前のようですが、余程上手く遣り繰りしないと貯金なんてできないし、毎月赤字で親から仕送りしてもらう…なんて事にもなり兼ねません。

これでは折角の一人暮らしも結局自立できないまま親に頼る生活になってしまいます。
一人暮らしを始めてもこれでは、ちょっと情けないですよね。

また特に女性の一人暮らしは危険がたくさん潜んでいます。
そこで一人暮らしの怖い部分として、
女性の一人暮らしの危険と防災対策について解説していきます。

女性の一人暮らしの危険

女性の一人暮らしは危険がたくさん潜んでいます。
例えば、

  • 下着泥棒
  • 変質者
  • ストーカー

など女性の一人暮らしを狙った輩も実際いるわけです。
そのため女性は特に防犯対策はしっかり行う必要があります。

一人暮らしでは自分で自分の身を守らなくてはなりません。
事前にとれる対策でしっかり防犯対策を行い、
安心・安全な楽しい一人暮らし生活を満喫しましょう。

一人暮らしの防災対策

マンションに部屋を借りる場合、自分が契約した部屋以外にもたくさんの部屋がありますね。
その中からもし万が一火災が発生した場合の避難経路を事前に確認しておきましょう。

例え自分が火事を起こさなくても周りで火事が起きる可能性もあるわけです。
そんな時どんな場所が火元であっても慌てず、
パニックにならずスムーズに避難できるようにしておかなければなりません。

そしてもし実際に火災が起きて逃げなければならなくなった時は、
◆水を頭からかぶり
◆ハンカチを口元に当て煙を吸い込まないようにして
◆体制は煙よりも低くして
◆すぐに持ち出せるもの以外は諦め身の安全を最優先して
逃げましょう。

スポンサードリンク