病気の時助けてくれるのは…

親元を離れ部屋を借りて一人暮らしを始めると、
風邪をひいたり他にも何かしらの病気になった時のことを考えると不安ではないでしょうか。

自分は高熱を出して起き上がることもままならない程辛い状態なのに、
おかゆを作ってくれる人も、薬を飲む水を用意してくれる人も、傍にいて優しく声を掛けてくれる人もおらず一人ぼっちです。

そんな時、管理人や大家さんと仲良くしておくと何かと助けてもらうことができます。
他にも管理人や大家さんと仲良くしておくことで得られるメリットもあるのです。

管理人や大家さんと仲良くするメリット

管理人や大家さんと仲良くするには、
手土産を持っていってあげるのが自然でいいのではないでしょうか。
実家に帰った時地元で買った手土産や、実家から送られてきた果物や野菜などを手土産に。など。

日頃から付き合いを持っておけば病気になった時以外でも何かとサポートしてくれる心強い存在になってくれます。

例えば近隣トラブルの時も味方になってくれますし、
部屋を出る時に敷金の返済額がアップするケースも実際にあります。

このように見返りを求めないにしても、
ただでさえ心細い一人暮らしですから、ちょっとした話し相手や相談相手が近くにいてくれると思えるだけでも安心できるものではないでしょうか。

いずれにせよ管理人や大家さんと仲良くしておいて損はありません。

スポンサードリンク