敷金とは

部屋を借りてその部屋を出る時は敷金が戻ってきます。
そこで敷金とは、部屋を借りている間にできた破損個所や汚れている個所を修復するために使われる負担金となります。

本当であれば、契約書で家主と借り手との両者が互いに負担すべき範囲が明確にされているのが理想的です。

しかし実際は家主と不動産屋に言われるがまま…というケースがほとんどです。

そのためもし部屋を出る時に戻ってきた敷金の返金額をみて納得できない場合は、
契約書の小さな字まで隅々と敷金に関する項目を探しチェックしてみるといいでしょう。

敷金トラブルを回避

もし敷金の返金額に納得いかなったら、
少額訴訟という制度を適用し借りた部屋の地域の簡易裁判所で「敷金支払い申し立て」を行うことができます。

ちなみに少額訴訟とは、
お金と時間がほとんどかからない訴訟の事をいいます。

こうした敷金トラブルを回避するためにも最初の契約の段階で、
家主と借り手の両者が互いにどこまで負担するのか、
その範囲を明確にしてから契約することをオススメします。

スポンサードリンク