相場より安過ぎる家賃

実際に物件を見せてもらい確認した時、立地条件が文句なしでいいのに、
何故か相場より安過ぎる家賃で貸しだされている部屋がたまにあります。

もちろん、
何の問題もなく単純に「これでこの家賃ならラッキー」と喜べる物件もありますが、
中にはそう単純に喜べない物件があるのも確かです。

そもそも立地条件が良いのに相場より家賃が安いと逆に不安になりませんか?
「ちょっとこの部屋怪しいな・・・」って思いませんか?

可能性として考えられるのは、
その部屋で過去に何かしら人が亡くなるような事件または事故があったか、
あるいは自殺者が出たか。なんてことも考えられます。

立地条件に見合わない家賃

立地条件が良いのに極端に相場より家賃が安い場合、
思い切ってその理由を不動産屋さんに聞いてみましょう。

実際に部屋を借りてしまった後でも過去に何かあった部屋だと分かったら契約年数に無関係でその部屋を解約できます。

この場合のポイントは次になります。

違約金は発生するのか?
契約年数に関係なく解約できるため違約金などが発生することはありません。
事故物件の重要事項説明義務不履行
不動産屋は借り手にとって不利益になり得る情報を隠してはいけないことになっているため、事実を知った後に「精神的苦痛を被った」ということで訴えることもできます。

誰でも過去に人が亡くなった部屋に住みたいと思いません。
不動産屋は借り手に「その部屋で過去に何があったのか」を伝える義務があるわけです。

特に一人暮らしで部屋を探しているともなれば
悪質な不動産屋はそういう事実を伝えることなく部屋を貸してしまうため、
そういう不動産屋は今後信用せず他の不動産屋で部屋を探してみましょう。

スポンサードリンク