家具で防音対策

部屋の壁が薄ければ隣にこちらの音が漏れるし、逆に隣の音が漏れてこちらへ聞こえてきます。

かといって壁そのものを自分たちで厚くすることはできません。
そこで家具で防音対策してみましょう。

例えば壁が薄くて隣の音が漏れてくるような、逆にこちらの音が漏れてしまうような部屋の壁に背の高い家具を設置しましょう。

洋服ダンスや本棚などを壁際に置くだけで、
その家具自体が厚い壁となり防音対策に役立ちます。

椅子の脚には防音シートを貼る

フローリング部ではテーブルと椅子を使用することになるかと思います。
でも椅子を動かす度にその音が響いてしまうものです。

そこで椅子の脚に滑るシートを貼ることで防音対策してみましょう。
この滑るシートはフローリングを傷つけないだけでなく、
椅子の滑りが良くなり摩擦音を軽減する防音シートにもなります。

こうすることで下の部屋へ椅子の音が響くのを防止できます。
快適なひとり暮らしをするためには、こうした細やかな気遣いも必要になってきます。

スポンサードリンク