訪問販売の恐怖

訪問販売は物売りだけが目的だと思っていませんか?
しかし訪問販売の恐怖、つまり怖いところはそれだけではありません。

今までの訪問販売の怖いところと言えば、
大して信用できない商品を不当な高額な値段で買わされることでしたね。

しかし現在の訪問販売の怖いところは、
訪問相手を確認することなく玄関の戸を不用心に開けてしまうことで、
強盗や暴行の被害にあってしまう可能性があるという点にあります。

居留守を使うのも有効

特に女性の一人暮らしでは安易に玄関の戸を開けがちになります。

チャイムを鳴らされてから覗き穴で訪問相手を確認するクセはついていますか?
チャイムが鳴ったら玄関の戸を開ける前に覗き穴で相手を確認しましょう。
そしてもし見るからに怪しい人が経っていたら居留守を使うのも有効です。

仮に応答する場合、
ドア越しに話をするか、チェーンをしたまま話をするような対応を心がけてください。

この時、相手の会社名と氏名を聞き名刺をポストへ入れてもらい、
その訪問が迷惑であったことを伝える電話を会社へしておくといいでしょう。

その際は自分が住んでいる地区と訪問担当者の氏名のみ伝え、自分は匿名でも大丈夫。
ちなみに何度会社や氏名を聞いても答えない訪問者には厳重な警戒が必要です。

スポンサードリンク