かたり商法について

詐欺の手口のひとつである「かたり商法」をご存知ですか?
これはあたかも「消防署や保健所の人間である」と誤認させる言い方で商品を買わせる訪問販売です。

これによる被害は未だ拡大していると言います。
一人暮らしでこんな被害に遭わないためにも「かたり商法」について学んでみましょう。

まずこの詐欺の手口のポイントとして覚えておきたいフレーズは
「消防署あるいは保健所の方から参りました」という「・・・の方からきました」
というフレーズです。

誤認させて商品を買わせる

そもそも
「消防署(あるいは保健所)の方からきました」
と言われたら消防署にせよ保健所にせよ、相手がそこに勤める人間であると思ってしまいますよね。

しかしこの場合の正しい意味は
「消防署(あるいは保健所)の近くの営業所から来ました」
であり、別にその人が消防署や保健所にに勤めてるという意味ではないのです。

でもこの言い方は嘘ではないですよね。
ただその言葉を受け取る側の解釈が誤っていたというだけ。
つまり嘘をつくことなく相手に誤認させて商品を買わせる詐欺の手口が「かたり商法」というわけです。

消防署と保健所は訪問販売しません

セールストークであれこれ言われたら「買った方がいいかしら」と心揺らぐものですが、
買わなくていいですよ。

というのも消防署と保険所は訪問販売しません。
訪問販売員という有資格者でなければ戸別訪問自体法律で禁止されているためです。

有資格者である場合、身分証明書の携行が義務付けられているため、
消防署や保健所を名乗る訪問販売が来たらまず最初にこの身分証明書を見せてもらいましょう。

そしてもし持っていなければ名刺をもらい
商品を買わずにお引き取り願って警察へ匿名で送付し被害拡大防止に協力してあげましょう。

スポンサードリンク