キャッチセールスについて

一人で街や駅などを歩いている時、
明らかにナンパや逆ナンとは違う声の掛けられ方をされたことはありませんか?
それはキャッチセールスと呼ばれるものです。

手口としては、
「アンケートにご協力を・・・」や「商品を試せる・・・」などと言ってセールス会場まで誘導します。

そして高額な商品を買わされたり、エステなどの契約をさせられてしまうわけです。
特にお人好しで一人暮らしをされている人は要注意ですよ。

キャッチセールスの対処法

キャッチセールスの対処法として肝心なことは
「相手の話を聞かないこと」
と、
「絶対に一人では付いていかないこと」
です。

相手がどんなにしつこく声を掛けてこようとも相手をすることなく無視して歩き続けましょう。

そしてもし万が一話を聞いてしまい契約させられてしまった場合は、
届けられた商品に手をつけることなくクーリングオフ制度を利用して即解約しましょう。

とは言えこの辺も相手はよく熟知していてクーリングオフによる解約を阻止してきます。
こうした場合にはすぐ警察へ行き相談することをオススメします。

何はともあれ、
自分にとって不要なものはハッキリ「いりません」と断ることが大事です。

電話勧誘の対処法

一人暮らしでも特にまだ世間を何も知らない学生さんや、社会人1年生は電話勧誘の餌食になりやすいので要注意です。

手口としては例えば
「あなたに現金○○万円が当選しましたのでその受け取りに○○まで来てください」
などと言われ呼び出されます。

その先では太刀の悪いセールスの人間がいて高額な商品を契約させられるのです。
その後残るのは当選した現金ではなく、無駄買いさせられた商品と多額の借金のみです。

普通に考えて応募した覚えもないのに勝手に当選するはずがありませんよね。
また当選したお金を現金で手渡しなんてこともまず考えられません。

とにかく身に覚えのないものは、どんなに美味しい話でも無視することが大事です。
それが自分の身と将来を守ることにつながるのです。

スポンサードリンク